753 雑想ランデブー

お茶と文具と哲学の実践的記録。でありたい。

有識者は語る

折々々々々々々々々々々々の言葉

連載が始まってすぐくらいから始めて、今が1500番に差し掛かるくらいだから、 かれこれ4年くらい、朝日の一面にある「折々の言葉」を切り続けてる。 するとこの厚さになるのだが、これ実は全部じゃない。 というのは、あんまり響かなかったときは切ってない…