753 雑想ランデブー

映画、音楽、考えごと。カルチャーと哲学の実践的記録。でありたい。

正直者だけバカ見れる

   2020/11/23
 頼んでもないのに相手がしてくれたことはあくまで相手が勝手にやったことだから別にお礼は言っても言わなくてもいい、と思ってることをたまに人に話すとそれはおかしいみたいに言われるが、それはその人が勝手に「相手は暗黙のうちに自分にそれをを要求している」と感じたから何かしてやろうかなどと勝手に配慮する気になっただけであって、少なくとも僕は「頼まれてもないことはしなくていいし、僕も頼まれてもないんだから何もしません。僕は勝手にあなたの分もやってあげるかもしれないし、あなたが僕の分までやってくれるかもしれないけどそれはあなたの勝手でしょ」と思ってるから、社会はもっと僕みたいな人間も住みやすいように僕に適合してくれよと頼みたくなるよ。


 あーやれやれ阿吽の呼吸だの忖度だの。りゅうちぇるが言ってたよ「どんなに運命の人でも言わなきゃわからないでしょ!」。どなた様も「言葉にしなくても通じ合えてる」話が大好物なわりに人が死ぬと思いを伝え切れなかったと後悔するのが大好きである。今この瞬間から正直であれ。正直であることで起こり得る利益と不利益は、胸に秘められ生まれなくなった利益と不利益とさながらオセロの色彩のような緊張関係にあって、ただ一点口にした言葉が環境や外世界に与えうる影響の数だけが両者を隔てる。偉大な哲学者の崇高な思想も書に記されて初めて意味を成していることを我々は既に知っている。僕らの言わなかった世界はさながら妄想が雲であるように決して手中におさめることができないが、僕らは言った世界からその顛末を清濁併せ飲むことができる。そして僕らは行動の先に倍加した気づきを受容できる。それは愛があれば痛みが薬になるように、これからがこれまでのイメージをガラッと刷新するように、脳のシナプスで火花を散らす。その時初めて、僕らは感謝したいと、そう思い至るのだ。

 

f:id:shimessi:20201123170049j:image

f:id:shimessi:20201123170105j:image

「JUNO ジュノ」に“普通”は似合わない、そのままでいい。

映画なんだから、現実に対してこのくらいシャレが効いてていい。そしてこのくらいのシャレは効くものだから、この映画は現実的だ。


物事には表裏があって、あっちから見るのとこっちから見るのとじゃ大違い、というのは映画の見せ方としては基本中の基本なのだから、この映画は単にブラックユーモアたっぷりに世の中を見てる16歳の女の子からの視点なだけであって、結局それは僕らの世界そのものだ。

 


ジュノは序盤からずっと揺れている。

“セックスしてからたぶん2ヶ月と4日です

確かじゃないですけど”


というセリフが上手い。

全部が大切なような全部面倒くさいような何者かになりたいような今のままでいいような、そういうアイデンティティ確立期だからこその揺れは冒頭からずっとあって、そこに妊娠という外部的で内在的な要因が作用していく。妊娠に対して多少冷徹に見せるのも、ユーモラスに振る舞い続けるのも、“妊娠した自分”と客観的に向き合うための距離感を測りあぐねているだけで、彼女は最初から真剣だと思う。「まだ子供だから」と思うのはこちらの勝手な決めつけに過ぎない。

 


さらに言えば、彼女の出すべき結論はかなり序盤から決まっていた。ブリーカーの


“君なりの方法でやって”


というセリフがそのなによりの証拠だ。彼はあの時点でジュノのありのままを受け入れる準備が整っていた。口論になったときにブリーカーがジュノに対して「まだ君は子供だ」と言うのも、そのあと実はブリーカーの方は「僕も言い過ぎた」なんて謝ったりしてないのも(笑)、ジュノがいかに妊娠を通じて精神的に成熟し、自分を見つめることができたのかを物語っている。ジュノは最後になって、やっとブリーカーだけが


“私のお腹じゃなく顔を見てくれる”


と気づいたわけだ。

 

 

そしてもう一点、この映画が好きだったのは、誰も傷つけない描き方をしているところだ。養父母の関係は破綻したものの、必ずしもどちらが悪いとは言えないし、どちらも悪者にはしていない。最初は神経質で“やりすぎ”感のあった養母ヴァネッサにも純粋な子供への愛を見出し、ジュノの継母であるグレンから


“新米ママ 今は何もかもが怖い”


と言葉をかけてあげる。

傷つけられたのは超音波検査師ぐらいだろう。

数えるくらいの幸せ

   2020/09/12
 僕は合格報告が苦手だ。「なんとか達成できました」「すごいことを成し遂げました」と軽薄な自画自賛に陥ってしまうような、口にした瞬間そこがゴールになってしまうような、まるで自分の頑張りに自分で一区切りつけ、ここが限界ですとお終いにしてしまうような、一時的な承認欲求のために6速で回転させていた足にブレーキを踏んでしまうような、そういう気がしてならないから。
 何事にも志しは必要であるし、分相応に到達点を設定し、分相応にそれを志し、そして達成することは、讃えられるべきことだ、とは思うが、そのことは、他人に有難くご指摘頂いて初めて自覚的になるのが好ましい類のことであって、周囲には常に必ず分相応以上の到達点が存在していて、なのにそのことはすっかり頭から抜け落ちてしまっているみたいにして、大手を振るって万歳三唱するよりかは、尋常に一縷の苦渋を併せ飲み、己などまだまだと、我武者羅に行き着くところまで邁進するのがいいんじゃないかと、むしろそうすべきなんじゃないかと、そう思うから。
 最近、「数値化可能性」についてよく考える。例えば、米津玄師のニューアルバム「STRAY SHEEP」の最後に『カナリヤ』という曲がある。遂にサブスクリプション音楽配信へと進出した彼の楽曲の再生回数はより正確に計測可能になり、アーティスト【米津玄師】のページにいけば、再生回数順に全楽曲がランキング表示される。配信開始時期の関係もあって現在上位は軒並みニューアルバムの楽曲だ。そんな中『カナリヤ』は、上位に来てはいるものの、アルバム内では最下位。数値化は、人が何を聴いているのかを明確にする。そうであれば、これはこれで一つの正当な『カナリヤ』の評価だ。それがどんなに僕の中で大切な一曲であっても。合格報告は、祝福も数値化する。それがすごく生々しくて、僕は苦手だ。

 

f:id:shimessi:20200912204414j:image

f:id:shimessi:20200912204423j:image

本の虫ケラは狸寝入り

   2020/09/08
 この「原稿用紙2枚分の思い煩い」などという大層な表題でお送りする思考回路の書き殴り、本日で早くも12日目。分かったことが2つ。自分は文章を書くのは好きだが、それを人様に是非に!とお見せするほどの自己顕示欲も精神力もないということ。そして「毎日書かないといけない」と思っていると気が狂うということ。はい!ということでこれからは不定期になります。そう決めた途端にかなり筆が進んではおりますが。800文字あれば一通りのことは書けるということが分かった。それだけに恐ろしいのです恐ろしかったのです。それで、今日は本の話を少し。
 よく本を読むようになったのは割と最近で、小説は今もあまり得意ではない。それでも読める数少ない作家の1人が星新一で。彼のすごさは、2時間半の映画が作れるような展開を「ある日地球が滅亡しました」の一文で片付けてしまう豪快さにある。そんな星新一の短編集「きまぐれロボット」に『新発明のマクラ』という話がある。おなじみエフ博士が今度は寝ている間に英語学習ができるマクラを発明した。そこにお隣さんがやってきて、是非試しに使わせて欲しいということになったのだが、2ヶ月使っても効果がない。失敗作だったのかとエフ博士は残念がったが、実はちゃんと寝言は英語になっていたのだった…といった話。
 うん、寝てる時まで脳を酷使してたら死ぬよな。人間が人生の3分の1を寝て過ごすのはなにより脳を休めるためだ。だから勉強なんかせず良質な睡眠のため万全を尽くしたい。そのためにはベッドにパジャマ、お香にキャンドルなんかも重要云々…。星新一の世界は短く豪快。自分のような合理主義者にとっては、彼の物語は実利を語るための単なる虚構にすぎないのよ。とか気取って言いつつもショートショート一話で気持ちよく寝落ちできるようになったら最高なので楽しく読みます。

 

f:id:shimessi:20200908165545j:image

f:id:shimessi:20200908165555j:image

スパイダーマンは初代シリーズが最高なんよな、の話

   2020/09/07
 主演トビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンスト、監督サム・ライミの初代スパイダーマンシリーズは本当に名作だと思う。特に、1作作目2作目は完璧というほかない。そしてなにより特筆すべきは、両作が上質なヒューマンドラマとして成立している点だ。“ヒーローじゃない”面を丹念に描いているからこそ、スパイダーマンとして生きることを宿命づけられた主人公ピーターの生きづらさ、2つの人生の狭間で葛藤するさまがひしひしと伝わってくる。そしてピーターがずっと片想いを続けるMJ(松本潤ではない)に自分の想いを伝えるシーン(これがまた一筋縄じゃないシチュエーションなので是非映画を観てほしいのだが)、そこの台詞が最高なのだ。
 “when you look in her eyes and she's looking back in yours... everything... feels... not quite normal. Because you feel stronger and weaker at the same time. You feel excited and at the same time, terrified. The truth is... you don't know what you feel except you know what kind of man you want to be. It's as if you've reached the unreachable and you weren't ready for it.”
(彼女を見つめると、彼女に見つめ返され、なんだかすべてが普通じゃないような、不思議な気持ちになる。自分がとても強くなったようで、それでいながら弱くなる。うれしくなり、それでいて怖くなる。正直どんな気持ちかわからないけど、どんな男になりたいかは分かる。まるでムリして手の届かないものに手を伸ばしてる感じだ)
 ヒーローとしてのジレンマすら表現し切るような神業的な台詞…。このシーンが映画のハイライト的に描写されていることからも分かるように、本シリーズはあくまで、ヒーローになってしまった単なる青年の悲喜劇として描かれている。それがアツいのだ。

 

f:id:shimessi:20200907185409j:image

f:id:shimessi:20200907185418j:image

始まりはいつも底から

   2020/09/06
 日々の営みは数値化できない。毎日さらっと見出しに目を通すだけの新聞にどれだけの意味や効果があるのか。それでも見ないよりはと思い、今日も視神経をなるべく限界まで刺激して数多の情報を摂取する。そうやって切り捨てられずに傍に積み重なる触れられる情報源触れない情報源。後悔するくらいならと出来ぬ挽回を試みて闇雲に思考を巡らして、眠りに就く頃には眼輪筋は完全に疲弊し、高ぶった交感神経は末端まで体を覚醒させ、横たわった体は休む術もなく、闇夜に押しつぶされそうになる脆弱な精神と生きた屍よろしく心中する。所詮生活にあるのはわずかな生命維持のための作業的な欲求な解消と、際限なく膨張する自意識に向けられた諧謔、そして一縷の望みに一蓮托生する馬鹿げた理想論だけだ。そう思えばこそ、この日々が数値化できないことに、むしろ胸を撫で下ろす。
 望むことならたくさんある。性別を超えてゆくこと。知らないことを知らないまま受け止めること、つまり未知の存在を常に側に感じること。細部に神を宿すこと。それぞれにそれぞれの命を燃やすこと。全ての中に美しさを見出すこと。心身の歪みを直すこと。新たな視点や隠れた眼差しを探求し続けること。社会で今なお呼吸を続ける身体や自然(Artificial natureと呼んでいる)に目を向けること。無限を掴むこと。今の中に永遠を宿すこと。正常の中に異常を現すこと。
 現状に満足できないことを向上心と呼んで、死にたいことも立派な向上心にすり替える。これでいいやと切り捨ててしまえばストレスも不安も降りかかっては来ないからと、ストレスや不安を感じられるのを遠くへ行こうともがいている証しにする。変わらないために変わり続けたいと思うのと同じくらい、変わりたくなくていつまでも同じところにいる。
 何言ってんだ?と思える頃に、笑って読み返してやりたいから、書く。わざとらしく。

 

f:id:shimessi:20200906172038j:image

f:id:shimessi:20200906172047j:image

Tonight, Politics is in da house!

   2020/09/05
 政治家を胡散臭く感じる原因を考えてて、少し思い至った。あの人たち、ずっと価値観が変わらないからかもしれない。今の世の中は価値観や常識が日ごとに変わっていってるから、少し賢い人ならそれに合わせて自分の価値観も日々更新していかないとダメだって気づいてる。でも政治家たちにはそれが起こらない。だからなんか、変。人間味を感じないし、同じ価値観に固執しているように感じる。まあ実際そうだろうし。
 でもその理由は何となくわかる。あの人たちが単なる容れ物に過ぎないからだ。イメージでいえば、ある価値観ごとに「政治家」という家があって(まさにだな)、一般市民はその時の自分の理想に合わせて住居を選び、考え方に変化があれば、そのたびに引っ越しを繰り返す、そういう感じ。価値観が朝令暮改するのだから、住人の入れ替わりは日々起こっていた方が望ましいし、家ごとの人気にも流行り廃りがあった方が自然。2階建ての一軒家に今どれだけの人気があるのやら。まあ実際には有権者の方も自分の考えにどんどん固執していってしまう人が大半なのだけど(僕はそれを賢いとは思わない。昨日の自分が間違ってたと思うときはそう言えるほうがよっぽど賢いし常にその内省は繰り返されなければならないと思うから。脱線した。)。
 つまり、健康的な社会なら、そこにはダイナミックな価値観の変化が常に起こっているのだから、その都度人気の大型物件が変わっていくのが自然であるのに、今の日本にはそれがない。一軒家を購入してしまうことなんて国民がまともなら絶対に起こり得ないはずなのに(だって地震大国だよ?脱線した。)、全然賃貸に人気がない。そんなの”安定”という名の単なる無思考・無批判状態だ。
 素敵な家選びも、そこの住環境も、僕らの個人的な問題なのだと心得ておきたい。住んで都にするのは僕らの権利であり義務だ。

 

f:id:shimessi:20200905131843j:image

f:id:shimessi:20200905131859j:image