753 雑想ランデブー

お茶と文具と哲学の実践的記録。でありたい。

「LUCY ルーシー」生半可な気持ちでは見ていけない脳と意識の物語

劇場で観賞して以来6年ぶり2度目。
当時は正直、?????状態だったが、
なぜかここ最近この映画を思い出す機会がよくあり、今なら何か分かるかもしれないと思い観賞。その通りだった。前回とは印象が全く違う。

 

これは概念、感覚、常識、科学、意識を超えていく物語。

 

まず、この映画に批判的な人たちのよくある批判だが、
「科学的根拠がない」
当たり前。“科学的に認められている”と聞くと無条件で納得する人間はやたら多いが、それは現状調べることが可能であった範囲の研究で、研究に適合した結果であるということに過ぎない。学問上の常識が覆ることは歴史の知るところ。
「意味がわからなかった」
調べるか詳しい人に聞くなり勉強をしてくれ。
「結末がよくわからない」
調べるか詳しい人に聞くなり勉強をしてくれ。
「映画の作りとしてよくなかった」
私もそう思う。それが原因でこの映画は単純なエンタメ映画なのか深淵な哲学脳科学映画なのかの狭間で実に中途半端に仕上がっている。
だからあえて言っておきたい。哲学や脳科学などの学術的な知見がある程度備わっていて、映画としての完成度に目を瞑れる人以外、見ない方がいい。

 

この映画は実に示唆的だ。
もし内容に納得できないところがあるならば、自らの頭が固くなっていること、固定観念に囚われていることを一度疑うべきなのかもしれない。それはもちろんこの映画の内容が正しいという意味ではない。しかし一つの帰結としては受け入れられて然るべきだ。

 

などと言っている私自身この映画が分かったわけではない。
いや、正確にはこの映画は我々が分かるものではない。
リュックベッソンは分からないものを分からないものとして最大限分かりやすく表現することには成功したように思う。
“全然何も分からない”ということが“分かった”感覚

それがベッソンの狙いだったのではないだろうか。

 

www.amazon.co.jp

「永遠のソール・ライター」展。カラー写真のパイオニアの豊かな色彩感覚

Bunkamuraミュージアムで3月8日(日)まで開催中の企画展

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

に行ってきました。

 

 

ライターを知ったきっかけ。

お気に入りに本屋の一つである、

Shibuya Publishing & Booksellers

を訪れたときのこと。

 

f:id:shimessi:20200206170757j:plain

 目に止まったのが、

この企画展の宣伝しおりに使われている、

ライターの代表作「帽子」

不思議と促されるようjに手に取り、

思い立ったが吉日ということで以下省略。

 

www.bunkamura.co.jp

 

詳しいことはホームページに任せますが、

概略ライターと本企画展について私から。

 

ライターは1950年代にニューヨークでファッション写真家として活躍し、

また晩年には「カラー写真のパイオニア」として、

カラー写真の表現メディアとしての可能性を広げた、

今もなおその全貌が評価され尽くしていない、

稀代の写真家です。

 

本企画展は2007年に開催されたライターの企画展を受けて、

カラー写真を含む膨大な作品の多くを整理することなくこの世を去ったライターの、

現在進行形で続く「発掘作業」による、

世界初公開作品を含んだ新たな企画展です。

 

要約するとこんな感じになるでしょうが、

とても説明しきれないのでやはりサイトに飛んだ方が賢明でしょう。

 

感想

画家としての一面もあったライターの色彩感覚にとにかく脱帽でした。

美術展に行くと毎回必ずポストカードを買うんですが、

今回は3枚。

 まず、

f:id:shimessi:20200206173353j:plain

僕が最初に目にした作品でもある、

1960年「帽子」

実物を見ても感じるんですよ、

「あれ、これ絵?」って。

でもその感覚こそライターの狙いなのかもと個人的に。

画家らしいというか、

リアルとフィクションの境がぼやける感覚。

ライターの、

「神秘的なことは、馴染み深い場所で起こる」

という言葉も意味がわかる気がします。

 

それから、

 

f:id:shimessi:20200206174057j:plain

1957年「TAXI」

これなんかまさに現実に対する色彩的な切り取りの典型。

「私はシンプルに世界を見ている」

という言葉を残した一方、

日常の中にどこか謎が潜んでいるような写真を取るのが好きだとも語っていて、

この作品でいえばぎゅっと掴まれたつり革。

語られぬストーリーを感じますね。

 

そして、

f:id:shimessi:20200206174510j:plain

1959年「『ハーパーズ バザー』のための撮影」

ファッション写真家として第一線で活躍していた頃の作品ですね。

ライターにとってファッション写真は、

新たな撮影・表現方法を模索する場でもあったようで、

気を抜いた瞬間を捉える覗き見的手法や、

鏡、ガラスを用いらキュービズム的な作品に意欲的に取り組みました。

この作品も鏡が効果的に使われていますね。

 

企画展の後半には半生を共にした最愛のソームズを撮影した作品が並び、

耽美的で叙情に溢れた空間となっていました。

ライターが愛を大切にし、また愛について深く考え、

そして愛に対する確信を持って生きていたことが伺えます。

写真だけでなく、哲学についてもかなり勉強になりました。

 

こういう文章、

慣れてなくて、死ぬほど時間かかったんですが、

経験のアウトプットとして、情報共有として、

こういう記事も増やしていけたらなと思います。

もう少し肩肘張らない文面で、かつ読みやすく書きたい。

頑張ります。

十分自賛

あれすごいよね、
いや、あれやばいよねにしようかな
のときのさ、迷い箸みたいなのを、
推敲というじゃん。
あれすごいよね。

 

推すにしようか、
敲くにしようか、
どっちにしようかで迷ったっていう、
中国の古事成語。
小学生の頃から使ってたじゃん先生。
分かんないよね、
いきなり“スイコウ”とか言われても。
音読みと音読み。
読み直ししてみてねえ〜と言えばいい。
けどこういう、
訳わからんけど無理やりこれはこういう意味だ、
と押し付けられることの連続なのかもしれない、
学習というのは。

 

そういえば最近知ったことがある。
キセル乗車。
あの、乗車駅近くと降車駅近くの乗車券だけを使って長距離を電車移動する処世術。
由来がね、キセルってあるでしょ。
キセル。煙管。エンカンのことね。
音読みと音読み。
あれってさ、火皿と吸い口、
つまり、端っこと端っこにだけ金属が使われている。
ちなみに間には竹が使われてる。
だから端と端にだけ“金”がある。
はい、キセル乗車。

 

こういうのをさ、調べるのに便利だよ。
コトバンク
アプリがあるのは知らなくて、
いやそりゃあるよなとは思ったけど、
考えたことなくて、
でもインストールしてみたらもう超快適。
気になったらすぐ調べて単語帳にポイッ。
と、するだけじゃなく、
基本アプリのメモの方にもメモメモ。
こうやって蓄積していく雑学ムダ知識。
ムダだと全く思ってないけど。
すいません僕なんて教養しかないので、
どうぞ“教養人”と呼んでください。
これはいつか使おうと思ってるボケ。
自虐ネタじゃなくて、自賛ネタね。
こうやって生きてる。

 

まずい、あと1分。ここまでで670字。
けっこう伏線的な部分も良くなってきたんじゃない?
今回が調子いいだけか。
てか別に良くないか。
いや、良いよね。
今日も元気に自賛ネタ。
明日の自分に乞うご期待。
タイムアップ。

十分不倫

自分は不倫をしないだろうなあ。
そう思った次の瞬間には、
喉の奥がキュッとなるのを感じていた。
これはなんなんだろう。

 

また考える羽目になった。
これはなんなんだろう。
生物の本性に立ち返ってみるしかない。
おそらく我々が皆同様に抱える大義名分は、
種の繁栄。
より多くの子孫を生み、
次世代への橋渡しをする。
健康な個体を生み出すために、
遺伝子レベルで優れた血統を嗅ぎ分ける。
匂いが僕らの判断を操る。

 

だからやっぱり、おかしい。
おかしいんだ、結婚なんて。
だって、たくさんの人と交わって、
男はたくさん種まいて、
女はたくさん受け止めて、
産ませる、産む、産ませる、産む。
種としてのヒトが、
これからも繁栄していくために、
たくさんの子供がいる。
僕らに必要なのは愛なんかじゃない。
だからやっぱり、おかしい。

 

でも、やっぱり、これもおかしい。
僕らは愛を知っている。
知ってしまった?
どこで間違えたのか。
それともやっと正しさを見出し始めたのか。

 

僕らの本能は全て生に向く。
あらゆる反射的な行動すら、
必ず死ではなく、生に向く。
生きることだけが確か。
僕らには刷り込まれている。
種の起源から連綿と受け継がれた、
生存と繁栄の本能。

 

一旦冷静になりたい。
いやいや、俺の特技は冷静。
感情的になったって、
そんな奴の言うこと誰も聞きやしない。
感情なんて自分だけのものだ。
人に感情をぶつけても何も産まない。

愛は、感情?
僕らはやはり間違っている?
残り時間が迫る。
核心に迫れない。
冷静に、冷静に。
愛は確かにある。
その意味は?
結婚してみないと、
答えは出ないのかもしれない。
僕らが種の本能を抜け出さないと。
タイムアップ。

十分グレー

感情が灰色になるときは決まって原因不明だ。

感情を色に例える理由とか、

その根拠が曖昧だからとかではなく。

まあ、強いて言えば、

今が25:42だからなのかもしれないが、

深夜でも晴れ晴れとした気持ちの日もあるのだから、

一要素ではあっても決定的な要因ではなさそうである。

 

大抵こういうときは、

何か1つのことが一心に頭をもたげているときだと相場が決めている。

心なのか頭なのかは決めてくれない。すぐ脱線。

 

ブレインストーミングとして、

紙に気がかりなことをひたすら書き下してみたりも昔はよくやっていた。

今はやらない。

なぜなら書き出し始めると2,3個で手が止まり、

実は頭がパンクしそうだった割には大してたくさんのことを一挙に抱えて、

にっちもさっちも立ち行かなくなっているわけではないことに気づき、

自分の要領の悪さに凹むから。

 

やる気は側坐核が担ってるらしいが、

側坐核はやっぱりやり始めないとやる気を呼び起こしてくれないらしい。

やらなきゃいけないことから目を背けてしまう。

そんな自分が嫌でストレスになると余計に快楽の方へ向かってしまう。

快楽と怠惰は似て非なるものだがしばしば重なってムカつく。

アグレッシブを自で行く奴が行動と快楽をコネクトさせた術を知りたい。

どこで差がついたのか。

 

こうやって文字にしていると頭の中から少しずつ膿が出ていくのを感じる。

さっきまで若干感じていた脳圧の高さは和らぎ始めている。

脳圧って分かる?脳に圧迫感感じることない?よくある。

これなんなんだろ。

脳圧と呼んでいいのかも分かってない。

分かってないけど今もこうして徐々に減圧。

残り2分。今がここで672字。

前回よりも少し文字数は増えたな。

殴り書きみたいな文章だけど。

 

そうそう、思うんだよね。

読みやすい文章と書きやすい文章、

それに書きたい文章は違う。

これがもともと同じな人がいるのかは、


タイムアップ。

十分エッセイ

熱が出た、のは嘘だ。

久しぶりについた別に誰も傷つかないけど、

かといって誰にも何の利益もない嘘。

強いていえば、

僕は嫌なことから逃げられた。

 

嫌なことがあったら逃げるタイプだ。

いや、タイプとかではないな、

嫌なことからは逃げるべきだ、

という信念の持ち主だ。

かもめ食堂のセリフを思い出す。
「やりたいことだけやってるんじゃないんです、やりたくないことをやらないだけなんです」(雰囲気引用)

嘘をついた代償は、

今日一日SNSでは静かにすること、

大学付近には近づかないこと、

ば先で空元気とただの元気の中間みたいな顔してること、

夜は飲み会に行くこと。

 

ちなみに何から逃げたのかというと、

今の自分に1番必要なこと。
勉強。
言い訳ならいくらでもできるがあえてしない。

僕が逃げたのは勉強からだ。

でも、

そんなに悪いことだとも思わない。

逃げることが悪いこととは一概には言えない。

科学技術の進歩は常に、

「もう少し楽したい」

という思いの連続だったはず。

そして何か辛いことから逃れるためにこそ、

効率や簡便さが求められてきたはず。

僕はずっと必要なものを最低限の労力で行うための努力だけは惜しまなかった。

 

つらつらと結局、書いてあるのは言い訳だと思う。

せめて書いた理由を言いたい。

10分で今現在の思いの丈を書き切る、

という試みを行なっている。

ここまでで8分半。

あ、もうあと1分だ。

文字数でいうとここでちょうど585字。

こんなもんなんだな。

何回か続けていきたい。

とにかく最初は内容や質にこだわらず。
タイムアップ。

絵画とデータへの好奇心

ずっと前から気になってる本が7刷出来で朝日の一面に。 

上野でやってる企画展が面白そうだとよく行く。

自分の直感に従って鑑賞するのもアリだと思っているから、

今のままでも全然いいんだけど、

この絵はどこがすごいのか、

説明書きを読まなくても自然と判ったら楽しいだろうなとも思う。

てか、必ずしも全ての作品に説明書きあるわけじゃないしね。

全然有名じゃない作品に自分の中で何か感じたりしたとき、

それがなぜなのか判ったら楽しい。

 絵画は自分ではできない(絵心が皆無だ)から、

自分でやってみて判るということもない。

むう、書きながら絵を上手くコツも知りたくなってきた。

この類の本は伸びしろだらけで好奇心が止まらない。

 

ちなみに、

写真のことは少し判ってきた。

写真がプロっぽくなる「20のテクニック」 | TABI LABO

詳しく知りたい人にはこのサイトがオススメ。

 

 

表やグラフの向こうまで見えたら

 日経新聞を読むようになってもう2年になるか。

絶対載ってるじゃん、1ページに1つは。

表やグラフ。

あれわかりやすいのかね、あった方が。

今の所は全然そんなことない。

記事内容を読むとあー、なるほどねとなるが、

それまではただの円と線。

こういうの読んでそれが劇的に変わるなら、

っていうか円と線がムスカ並みに読めるゾォ!となるなら、

絶対読んだ方がいいじゃん。

 

あー、なんなら表やグラフ自分で作れるようになりたい。

その技術あればなんでも気になったことわかりやすくまとめてみんなに発信できる。

そしたらもう最高だ。

でもそうなったらあれだな、

みんなにもまずこの本読んでもらわなきゃなんだな。

表やグラフってそういう回りくどい話?笑

また円と線にみえてきた。

 

円と線といえば

そういえば昔、「絵が上手くなるには」で調べたサイトに、

まずはきれいな円が書けるようになるまで、

ひたすら円を描きましょうと書いてあった。

あれ調べたきりでやってなかったな。

まずはそこから始めることにするか。

 

どうやらタイトル改定。

これは、

”円と線への好奇心”