753 雑想ランデブー

お茶と文具と哲学の実践的記録。でありたい。

十分グレー

感情が灰色になるときは決まって原因不明だ。

感情を色に例える理由とか、

その根拠が曖昧だからとかではなく。

まあ、強いて言えば、

今が25:42だからなのかもしれないが、

深夜でも晴れ晴れとした気持ちの日もあるのだから、

一要素ではあっても決定的な要因ではなさそうである。

 

大抵こういうときは、

何か1つのことが一心に頭をもたげているときだと相場が決めている。

心なのか頭なのかは決めてくれない。すぐ脱線。

 

ブレインストーミングとして、

紙に気がかりなことをひたすら書き下してみたりも昔はよくやっていた。

今はやらない。

なぜなら書き出し始めると2,3個で手が止まり、

実は頭がパンクしそうだった割には大してたくさんのことを一挙に抱えて、

にっちもさっちも立ち行かなくなっているわけではないことに気づき、

自分の要領の悪さに凹むから。

 

やる気は側坐核が担ってるらしいが、

側坐核はやっぱりやり始めないとやる気を呼び起こしてくれないらしい。

やらなきゃいけないことから目を背けてしまう。

そんな自分が嫌でストレスになると余計に快楽の方へ向かってしまう。

快楽と怠惰は似て非なるものだがしばしば重なってムカつく。

アグレッシブを自で行く奴が行動と快楽をコネクトさせた術を知りたい。

どこで差がついたのか。

 

こうやって文字にしていると頭の中から少しずつ膿が出ていくのを感じる。

さっきまで若干感じていた脳圧の高さは和らぎ始めている。

脳圧って分かる?脳に圧迫感感じることない?よくある。

これなんなんだろ。

脳圧と呼んでいいのかも分かってない。

分かってないけど今もこうして徐々に減圧。

残り2分。今がここで672字。

前回よりも少し文字数は増えたな。

殴り書きみたいな文章だけど。

 

そうそう、思うんだよね。

読みやすい文章と書きやすい文章、

それに書きたい文章は違う。

これがもともと同じな人がいるのかは、


タイムアップ。