753 雑想ランデブー

お茶と文具と哲学の実践的記録。でありたい。

師走って名付けたやつ天才か?

 年の瀬だなー、と最初に感じたのはあれ、千葉市美術館でやってる企画展「目〜非常にはっきりと分からない(的な名前、あってる?)〜」を観に行こうと思ったとき。あれ、28日までなんですって。行きたかった。

まだ27日なのに過去形なのはバチボコ行く時間がないからなんですけど、時間は作るものですよね、判ります。でも、行けないのです。なにしろ28といえばもう明日の話、今日はバイトのあと忘年会、明日は夕方から別のバイト。時間がない。

 理論的欠陥に説き及ぶ前に、2つのバイトの関係性の話を。前者は2年位前からやってる弁護士事務所の事務屋。後者は近所のテーマパークのキャスト。正確にはゲーセンの従業員。あとから始めたけどこっちの方がよく入ってる。

後者を始めた理由は結構単純で、彼女が2年くらい前から既に働いてたところ、経営不振のため会社が交代する、マンパワーがやたら不足するなど諸問題が発生していたのでそれじゃあって手を挙げただけ、単純でしょ。

彼女が働くと店が潰れるって話はまた今度ね。主な業務は来客対応(レジ打ち)とお茶(などのドリンクバーを利用したい人へのコップ)出しなので、やってることは事務所と一緒。お茶出しなんか専売特許。マイブームは一煎目二煎目のミックス。

面白いのは、ゲーセンを始めてから、事務屋の仕事が上手くできるようになってきたこと。こういうのなんていうんだろ、名前をつけたい。暫定的に相乗効果と呼ぼう。あ、シナジーってどうだろう!

 話を戻そう。あ、年の瀬ってどういう由来なんだろう。いや、話を戻そう。どうも、年末は息つく暇がなくていけない。昨日は一日軟禁で、溜まってた新聞28冊に目を通した。1日2紙朝夕刊で4冊。つまり1週間分。

これは要するに1週間怠惰していたということであるし、ずっと読む暇がなかったということでもある。そして昨日は新聞だけ読んで1日終わった。ツケが溜まるとはこのこと。ひい。どうも、年末は息つく暇がなくていけない。28日までなんですって?行きたくなくなった。